追蹤
。.しあわせの天気予報*
關於部落格
「有想守護的東西的人是脆弱的,但是啊…

沒有想要守護的東西,不管多麼強大也無法勝利。」



推薦大感謝m(_ _)m
  • 29473

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    10

    追蹤人氣

桜ノ雨 小型合唱召集*[伴奏up]

◎作詞作曲→halyosy 
◎アレンジ→is・halyosy 
◎桜ノ雨プログラミング→that


( ) 裡的是該段的主音


(高+中)それぞれの場所(ばしょ)へ旅立(たびだ)っても
友達(ともだち)だ
聞(き)くまでもないじゃん
十人十色(じゅうにんといろ)に輝(かがや)いた日々(ひび)が
胸(むね)張(は)れと背中(せなか)押(お)す

土埃(つちぼこり)上(あ)げ競(きそ)った校庭(こうてい)
窮屈(きゅうくつ)で着(き)くずした制服(せいふく)
机(つくえ)の上(うえ)に書(か)いた落書(らくが)き
どれもこれも僕(ぼく)らの証(あか)し

(中)白紙(はくし)の答辞(とうじ)には伝(つた)えきれない
思(おも)い出(で)の数(かず)だけ涙(なみだ)が滲()(にじ)む
幼(おさな)くて傷(きず)つけもした
僕(ぼく)らは少(すこ)しくらい大人(おとな)になれたのかな  

(高)教室(きょうしつ)の窓(まど)から桜(さくら)ノ雨(あめ)
ふわり手(て)のひら
心(こころ)に寄(よ)せた
みんな集(あつ)めて出来(でき)た花束(はなたば)を
空(そら)に放(はな)とう
忘(わす)れないで

今(いま)はまだ…
小(ちい)さな花弁(はなびら)だとしても
僕(ぼく)らは一人(ひとり)じゃない
 

(中)(此段高+低要HUHUHU-_-+)
下駄(げた)箱(ばこ)で見(み)つけた恋(こい)の実(み)
廊下(ろうか)で零(れい)(こぼ)した不平(ふへい)不満(ふまん)
屋上(おくじょう)で手繰(たぐ)(たぐ)り描(えが)いた未来(みらい)図(ず)
どれもこれも僕(ぼく)らの証(あか)し 

(中)卒業(そつぎょう)証書(しょうしょ)には書(か)いてないけど
人(ひと)を信(しん)じ人(じん)を愛(あい)して学(まな)んだ
泣(な)き
笑(わら)い
喜(よろこ)び
怒(いか)り
僕(ぼく)らみたいに青(あお)く青(あお)く晴(は)れ渡(わた)る空(そら) 

(高)教室(きょうしつ)の窓(まど)から桜(さくら)ノ虹(にじ)
夢(ゆめ)の一片(ひとひら)
胸(むね)奮(ふる)わせた
出会(であ)いの為(ため)の別(わか)れと信(しん)じて
手(て)を振(ふ)り返(かえ)そう 

忘(わす)れないで
いつかまた
大(おお)きな花弁(はなびら)を咲(さ)かせ
僕(ぼく)らはここで逢(あ)おう 

(高)幾千(いくせん)(いくせん)の学(まな)び舎(や)(や)の中(なか)で
僕(ぼく)らが巡(めぐ)り逢(あ)えた奇跡(きせき)
幾(いく)(いく)つ歳(さい)をとっても変(か)わらないで
その優(やさ)しい笑顔(えがお) 

(高)教室(きょうしつ)の窓(まど)から桜(さくら)ノ雨(あめ)
ふわりてのひら
心(こころ)に寄(よ)せた
みんな集(あつ)めて出来(でき)た花束(はなたば)を
空(そら)に放(はな)とう

忘(わす)れないで
今(いま)はまだ...
小(ちい)さな花弁(はなびら)だとしても
僕(ぼく)らは一人(ひとり)じゃない

(高) いつかまた
大(おお)きな花弁(はなびら)を咲(さ)かせ
僕(ぼく)らはここで逢(あ)おう 

相簿設定
標籤設定
相簿狀態